102号 薪ストーブのやすらぎ・裸足と健康と木の家

102号 薪ストーブのやすらぎ・裸足と健康と木の家

  

■グローカルライフ
 
珠洲焼 篠原敬 Gallery 舟あそび
 
 
■特集 薪ストーブのやすらぎ
 
炎と音楽と1/fゆらぎ
文=刈本博保
 
木々を眺め、薪をくべる心地のよいシンプルな暮らし
設計=松本直子
 
陶芸の町、「笠間」に魅せられた30代夫婦の家
設計=岩瀬卓也
 
東京と八ヶ岳、二つの時間を持つ意味
設計=横内敏人
 
薪ストーブの似合う家のつくり方
設計=田中敏溥建築設計事務所
 
家族と薪ストーブのぬくもりが広がる家
設計=鍋田さつき
 
里山からの絵手紙 心地よい「1/fゆらぎ」とは?
文・イラスト=童画家 本橋靖昭
 
薪ストーブの基礎知識
 
最新薪ストーブカタログ2020
 
業界全体で、技術や知識の底上げをめざす
一般社団法人日本暖炉ストーブ協会 インタビュー
 
太陽と森の恵みで暖かい家の仕組み
㈱千葉工務店
 
人生を愉しむ、三つの場所
設計・施工=㈱ウメダハウジング
 
家庭菜園を楽しむ夫婦のログハウス 薪ストーブで感じる火のぬくもり
㈱TALOインターナショナル
 
「あいまい空間」は、きっかけの空間 工房信州の家
工房信州の家 ㈱フォレストコーポレーション
 
休日にやりたいことが増えた木の家
設計・施工=無垢杢工房㈱イケダ
 
光と風が溢れる明るい家
設計・施工=木ごころ㈱坂田工務店
 
 
■新連載 棟梁という生き方
 
増子則雄 ㈱増子建築工業 ―福島県
 
堀田充弘 堀田建築㈱ ―愛知県

 

– 連載 –
 
すごろく気分 村松友視
江戸の贅を探る 安原眞琴
花に聴く 道念邦子
新連載「やまのおうち」のココロメガネ 安西好乃美
古物語り 塩見奈々江
新連載 つながる人びと ―工芸と喫茶 ひとつ石
小笠原からの手紙 新行内 博
日本列島集落の旅 畑 亮、畑 耕、畑 拓
塗り壁の四季 小林澄夫
雑誌屋の昔話 山下武秀

薪火暮らしのプロフェッショナル集団

小畠

炎と向き合い、火のある暮らしをご提案し続けて66年。
世界中の薪ストーブ販売から、オリジナルデザインの設計施工、アフターメンテナンスまで実績と信頼で火にまつわる新しいライフスタイルを提案しています。

株式会社小畠
 
〒720-0821 広島県福山市東川口町4-1-34
HP:http://www.kobatake.co.jp/
TEL:084-953-0555
FAX:084-954-3167

98号 特集 薪ストーブのある家

98号 特集 薪ストーブのある家

 

 

■巻頭グラビア

ハレの日をしつらう
作・文=道念邦子

■特集「薪ストーブのある家」

パンの香りと薪の匂いに包まれて BAKERY dry river
干川邸 設計=アーバンギア 施工=㈱彩工房

古材に囲まれて自分らしく暮らす
設計=㈱独楽蔵

町なかに生まれた森の家
設計=横内敏人

景観を引き継ぐぬくもりある土壁
設計=古南 将

都会の中で自然を感じる安らぎの家
設計=松本直子

夢の薪ストーブを改修で実現
設計=加藤武志

幸せの薪ストーブ家族十景
保存版 薪棚つくり完全図解
図解 リフォームで薪ストーブ

薪ストーブとゼロエネルギー住宅

自然素材と共生するゼロエネルギーハウス
設計・施工=エコワークス㈱
電気代のストレスゼロで楽しむ薪ストーブライフ
設計・施工=㈱小林建設
新旧の素材と技術を生かした、自然とともにある暮らし
設計・施工=㈲勇建工業

木のぬくもりと薪ストーブの炎が家族を見守る
埼玉県 ㈱リソーケンセツ

優雅に泳ぐ魚たちを眺める至福の時間
山口県 ㈱安成工務店

仲間も手間もオープンに受け入れる
愛知県 ㈱エコ建築考房

深呼吸したくなる木と漆喰の家
新潟県 ノモトホームズ ㈱野本建設

有田焼の町で山と川の風を感じて
福岡県 ㈱[未来工房]

素足で感じる無垢の床と薪ストーブのぬくもり
福島県 ㈱増子建築工業

少年時代の記憶を呼び覚ます薪ストーブと土間のある家
兵庫県 ㈱平尾工務店

炎のある土間リビングと開放的な大空間を楽しむ
吹き抜けと薪ストーブが家族をつなげる住まい
千葉県 ㈱グッドリビング どんぐりの家

森と都市をつなぐペレットストーブ
にぎやかな5人家族を暖めるペレットストーブの炎
ふんわりネット

■最新 薪ストーブカタログ

安全で快適な薪ストーブのための煙突選び
ファイヤーワールド東京㈱永和 富井祐一郎

■チルチンびと「地域主義工務店」の会
㈱西渕工務店(設計監修=永見進夫)
㈲福富建設(設計=木下治仁)
㈱加賀妻工務店
NEWS@地域主義工務店の会―会員56社の取り組みを紹介

 

–連載—–
 
すごろく気分 vol.8 
火遊びの連鎖/村松友視
 
江戸東京まち散歩 vol.2
日本橋界隈/安原眞琴
 
古物語り vol.5
鍋の調理道具/塩見奈々江
 
日々、まめまめしく。第2章 vol.30
「そうぞう」の「め」/塩山奈央
 
料理旅から、ただいま vol.11
煮味噌/minokamo (長尾明子)
 
小笠原からの手紙 vol.32
冬の訪れを告げるザトウクジラ/辻井浩希
 
日本列島集落の旅  vol.28
三日月湖の中に住まう/畑 亮、畑 耕、畑 拓
 
塗り壁の四季 vol.77
子どものいる風景/小林澄夫

 

冬本番

各地で冬本番を迎える、今日この頃。『チルチンびと』98号「薪ストーブのある家」が発売となりました。薪ストーブと言えば、火。火と聞いて何を思い浮かべますか。私がいちばんに思い出すのは、小正月のどんど焼きの「火」。そしてもう一つ、ガスコンロの青い「火」。IHや電子レンジで便利になっても、欠かせないのはコンロの火力。料理の仕上がりにもなぜか安心感があります。

火の魅力は、多種多様で一言では言い表せないもの。今号の第1特集では、薪ストーブを家に取り込み、火のある時間を過ごす家族の物語をお届けします。第2特集では、「薪ストーブとゼロエネルギー住宅」と題し、地球温暖化やエネルギー問題といった国際的な課題を抱える現代において、どのような家づくりが可能か、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの魅力をたっぷりご紹介。そのほか、保存版・薪棚づくり完全図解や最新・薪ストーブカタログ、リフォームでかなえる薪ストーブ方法など。薪ストーブを夢で終わらせない実用情報も満載です。

担当:宮下