ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > 出版物のご案内 >チルチンびと別冊:バックナンバー一覧 > 別冊49号 2016年SEP

チルチンびと別冊:バックナンバー
チルチンびと別冊:最新号
チルチンびと別冊:バックナンバーリスト一覧

チルチンびと別冊49号





 

 

山、海、川と肥沃な土地に恵まれた
愛知県と岐阜県。
土地の豊かさに、東西の文化が混ざり合い、
独自の発展を遂げています。
特に、いい土が豊富であることから、
陶器やタイルづくり、土壁の家づくりは
現在もさかんに行われています。
そんな地域の特性を生かして仕事をしている人、
暮らしている人を訪ねてきました。
衣食住を外に求めるのではなく、
今こそ、地域の力を見直してみましょう。

 

Contents

瀬戸の山里に暮らして 庭禾(山水ラボラトリー内)
緑・光・風・炎・団らん − 家は生活の美しい器 小井田康和さんの設計思想
愛知・岐阜のものづくり
三河みりん それは、甘いお米のリキュール 滑p谷文治郎商店
みりんレシピ
岐阜・美濃からの手紙  文・写真=服部みれい
  これがしあわせでなきゃ 何が幸せなんだと わたしだって 叫びたい
脱力して、生きています
   
  地元の工務店がつくる、心地よい木の家 7題
  ・ neie 設計事務所
 深い軒を巡らせた光の濃淡が心地よい家
・ 距E建工業 
 奈良の木材と土壁のやさしさに包まれた家
・ 樺島工務店
 飛騨の山懐に抱かれた地で子どもたちは健やかに育つ
・ 給T津建築
 ゆったり、ひろびろ。オープンな住まいは木の香りに包まれて
・ 潟Gコ建築考房
 通勤に便利なまちなかで、悠々趣味を愉しむ暮らし
・ 居ャ林住建
 世代を超えて住み継ぐのびやかな木の住まい
・ 阿部建設梶@
 第二の終の住処は平屋暮らしのOMの家
 
  愛知・岐阜の土の文化
・土のある風景 文・写真=小林澄夫
・土壁の「蓄熱力」と「調湿力」 監修=金田正夫
・土のまち・多治見市笠原町からタイルを発信する
 多治見市モザイクタイルミュージアム  設計=藤森照信
・焼き物を学び、研究する
 ishoken 多治見市陶磁器意匠研究所
 
家づくりとまちの情報
・薪ストーブのある暮らしへ向けて
・地域に根ざした人と店 スクランブル
・地域を変える チルチンびとマーケット/エコ建築考房 亀津建築
 
 

ページトップ


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム